施設紹介Factory

バイオマスセンターBiomass center

最先端のコンポストプラント

バイオマスセンターでは主として廃棄物系バイオマスの肥料化事業及び肥料化関連技術の研究開発を行っております。効率的な送風システム、アンモニア回収・液肥製造システムなど、様々な要素技術が結集した施設で、「地力の源さん」「ミルキーパワー」といった肥料商品がつくられています。その他分析設備も設けられており、様々なステージにおける原料、試料の分析を行っております。

省エネ型堆肥化システム

アンモニア回収・液肥製造システム

設備名称・能力
  • 肥料化施設(送風式発酵槽×10槽:1槽当たり150立方)
    産業廃棄物処分業許可:15.2トン/日(処理能力)
  • 臭気抑制材製造機:2トン/日(製造能力)
  • 飼料製造ライン(粉砕機、成形機、梱包機等)
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  • 発酵槽

    発酵槽

  • ブロアー

    ブロアー

  • 制御装置&インバーター

    制御装置&インバーター

  • ふるい

    ふるい

  • 分解率や発酵状況の分析

    分解率や発酵状況の分析

  • 原料の水分測定

    原料の水分測定

第一工場First factory

バイオマスの飼料化プラント

第一工場は、食品関連事業者から排出される加工残渣や、農産加工場で発生する規格外農産物などを加工し飼料として再資源化を行う工場です。保存性と利便性、機能性を考慮した最小限の加工を行い、高機能な家畜飼料「エコフィード」として使用されています。

「エコフィード」製品紹介

飼料化の事例紹介

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

第二工場Second factory

袋詰・製品製造プラント

第ニ工場は、バイオマスセンターで製造した肥料の製品化を行っています。ここから出荷された製品が数多くの農業現場で使用されています。また、一般販売と卸販売を行っている「ミルキーパワー」の袋詰・袋閉じ作業が行われています。

「ミルキーパワー」「大口農家向け肥料」製品紹介

肥料化の事例紹介

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3